FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

11-03

2011

人形作り:狐の頭ができたあ!

「いばり狐とちびっこ狸」(仮題)の人形製作を進めています。
人形の肌にあたる部分を作るには、布地とこの染料。

ダイロンという缶入りの商品です。缶切りで穴をあけて中の粉状の染料を取り出して使います。最もよく使う色は、明るくする黄色と肌色でしょうか。
しかし今回は動物なので、ちょっとちがった色を使うことになりそうです。

こちらが、染め上がった布地。

布地は、縦横に伸びるパイルというタオルみたいな生地です。右下は人間の肌用で、パイルではなく、綿のニット地。

一方、こちらは肝心の人形であります。狐の頭部分。ウレタンの大きい角柱が手に入らなかったので、薄い板状のものを重ねて厚みをだし、ハサミでカットしたり貼り合わせたりして作っていきます。


そうそう、このあごの下もごらんくだされたし。

忘れてちゃいかんのは、人形を操作する手をいれる穴ぼこ。これがなくちゃ動かせないのでありました。

そして、その操作する穴ぼこに入れる布でつくったポケットのようなしろものがこちらです。
ワニの口みたいですなあ。
この布地をウレタンで作った人形の手が入る部分に貼り合わせて丈夫にします。そうしないと、人形を使っているうちに、ウレタンがぼろぼろと痛んできてしまうのでした。

そうしてできたウレタンに先ほどの染めてた布地やフェルト、ボタンなどをとりつけて頭をデコレーションいたします。
そして、こちらが狐の正面。

「どうよ、おれさまのこの美貌。」

「ちょいとはすに構えてやろうじゃないの。」

「口だってガバーッとあけられるんだぜ。」

「なにーっ? 手足が貧弱だとお。」
「そ、それは、これからちゃんと作ってもらうんだわい。待っとれ~、今にびっくりするようなカッコイイ狐様になってみせるからなあ。おいっ、おばちゃん、早いこと作ってくれよ~!。」

…というわけで、続きはまたこんど。



にほんブログ村 演劇ブログ 人形劇へ
にほんブログ村