FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

04-30

2009

2009年4月30日「はじめてのご挨拶回り」

ユクトトモコ
 今日は、人生の初体験をして来ました。あかぱんつの2人で、青梅市内の幼稚園・保育園を回ってパンフレットを手渡しして来たのです。
 ホームページはできたけれど、あまり見ていただくチャンスはないのではないかと思いま。そこで、こんな活動をしている者が青梅市にいるということを知っていただいたら、喜んでくれる園もあるかもしれません。
 というわけで、ユクトは、人生の初体験でした。  トモコは、以前に人形劇団プークのアカデミーに通っていた頃、人形劇の実際を学ぶ一つの学習として、ご挨拶回りをしたことがあるそうです。だから、ユクトより落ちついていたかもしれません。
 ユクトは、教員だった頃に、劇団の方をお迎えしたことがあります。その時は、正直言って、あまり長くお話されるのは迷惑でした。劇団の方は、ここでなんとかして予約を取ろうと思ってお話されるのでしょうが、パンフレットから判ること以上の情報はなく、私は「ビデオでもあったら見せていただいた方がありがたいのですが…」とお願いしたともあります。そういうものがないのなら、後でパンフレットを読めば済むようにしていただけるとうれしいな、と思っていました。結局、劇団の方のおしゃべりは、お迎えする側にとっては、時間がもったいないだけ、ということになっていたのです。
 そこで、あかぱんつのご挨拶は、お会いしたらなるべく早く退散することをモットーにしした。「パンフレットをお渡しするだけですから」と言って、お渡ししたら、すぐに「お忙しいところをおじゃましました」と言って退出してきました。
 今日は、15か所の園を回りました。2か所では、パンフレットの受取を拒否されました。どうしてかはわかりませんが、「わかりました、おじゃましました」と言って、明るく引き下がってきました。
 「早く退出の他に、気をつけたのは、服装と小道具です。服装は、あかぱんつのロゴの入った白いTシャツの上に上着をはおって出かけました。胸に「あかぱんつ」のロゴがくっきり見えるペアルックです。さらにユクトはユクトの人形を手にはめてちょいと操作しながらお話してきました。(上の写真)
 いくつかの園では、「まあ、そっくりですね」とか、「楽しそう」とか、言っていたけて、反応がありました。よかったです。
 2時間半ほどのお仕事(?)でした。あと2回、今日と同じようにしたら、青梅市内の園を全部回れそうです。

関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK