FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

04-16

2020

2020年度作品の稽古と製作スタート

いやあ、厳しい新年度(2020年)でございます。COVID-19の発生により昨年度末分からの公演が中止となりました。いつから再開できるものやら見通しもたちません。

ま、でも新年度作品の稽古をスタート。東京都は「非常事態宣言」ということでお家にこもる時間がありますし、さいわい団員はみな元気にしておりますゆえ、ここはひとつ芝居作りをじっくりたのしめるチャンスかと。

てなことで、稽古は舞台を組み、芝居をしつつそれをビデオ撮りして演出会議(といっても、全団員二人だけです)というスタイルで進行中。一方、小道具作りや人形の手直しなども稽古の合間に進めております。

人形作りでは、再演の「わしはねむたいんじゃ」に出演するおじさん人形の「足」を新たに作ることに。

「パイル地」という木綿の伸びる布を「ダイロン」という染料で染めています。
人形の足と同じ色の布に染める作業です。

お湯染めなので鍋でコトコト。おじさんの足と同じ色になってるかなあ、どうかしら?
お湯につかっているときは濃い色ですが、水で洗って乾かすとぐっと色があせてしまうので、その分をかんがみながらの試行錯誤。
まあ薄くなったら、またあとで追加すればいいし、濃すぎたら、うーん、一生懸命水洗いしてみますかねえ。
それでもだめなら、もう一度白い布から染め直せばいいやね。

こちら、めでたくほぼ同色に染まった布地でホッ。つづいて土台となる足を作ってます。
染め上がった布。そして人形の足を作ってます。

スポンジを丸めて、筒状に。指を入れるところは、ニット地(下着のTシャツなどに使うスムース。縦横によく伸びる。)を使って補強。

できあがりました。
ハエとりおじさんの足だけ人形

手がはいってるところはこんなかんじです。足をパタパタ動かすことができます。
おじさんの足だけ人形。その仕組み。


さてこちらは、布団に入ってるおじさん人形です。どっちの足がおじさん人形につながっているでしょうか?
どっちがほんものの足?

布団をどけると…。
おじさん人形と足人形。

上記左が本物の足でしたあ。新しく作った足は生地が真新しいので、並べるとやっぱりちがいを感じてしまいます。ま、舞台では両方並べて登場はしないので、これでよしとしますか。

実際の舞台でやってみたい動作はこんな布団シーンです。
ふとんをかぶったおじさんと足。

このとき、替え玉の足人形をばたばたさせたら、きっとおもしろいんじゃないかなあと思うわけで。うまく動かせるといいなあ。
布団の中の人形と人形の足のありよう。

ところで、このお芝居に使う布団もちょっぴり新しくしました。下の右側の生地が市販のもので、左がそれに付け加えたものです。
布団を作る。生地の模様を作り替える作業。

オレンジ色の円の数をふやしました。元の生地の円を切り抜いて、縫い付けています。
丸く切った布地をのせて模様を作る。

これでちょっと賑やかな布団になってくれたかしらん。

なお、せっかく長い長い開店休業時間ですので、さらに他の人形の手直しもしようと思ってます。今度は、当人形劇団でもっとも古い人形「みるくちゃん」。痛みが激しいので、おそらく相当部分を作り替えることになるでしょう。うまく再生できるかなあ。内心ハラハラしてます。
以前も、この人形を修理して舞台にのせましたら、常連のお客様に「なんか前の人形のほうがよかったなあ」とのお言葉をいただき、ガーンでございました。むむう。
ま、気楽にまいりましょう~♪



にほんブログ村 演劇ブログ 人形劇へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する