FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

07-17

2009

2009年7月17日「夏の衣装制作」

 細々アマチュア人形劇団「ぷりん」の頃は、夏の公演がほとんどなかったので済んでいたのですが、今の衣装では、この季節、暑くてかないません。そこで、1年あまりかかった『ジャガイモの花と実』の絵の仕事がやっと終わったトモコは、今度は、あかぱんつの夏衣装制作に没頭しています。
 これも、制作過程がたいへん多いのです。
 まず、デザインを考えます。ヨーロッパ中世の本を見て、ああでもない、こうでもない、と構想を練ります。こんな感じでどうだろう…とイメージができましたが、デザインのイメージができても、それをトモコとユクトの体に合わせて型紙〈パターン〉を創る…のは、とても無理です。
 今度は、型紙屋さんをインターネットで探して、近いデザインの型紙〈パターン〉を有料で手に入れました。これでうまくいかないと、型紙代金が無駄になりますので、真剣そのものです。
 ズボン〈パンツ〉の方は、サロペットにしました。「CONORI」という型紙屋さんで購入しました。ユクトの分は、Lサイズを購入したのですが、ユクトの体にはとても合いませんでした。そこで、ユクトの分は、『クライ・ムキの Men's Pants』という本に付いていた型紙から作ることにしました。
 次に、実際には使わない布で、型紙に合わせて布を裁ち、縫ってみました。布代がもったいないので、残っていた端切れを縫い合わせて作った布を使ったのです。いやー、コスト意識が高いのはいいのですが、作業はもうめちゃくちゃ大変です。
 「うーん、なんとかこんな感じでよさそうかな」ということになりました。
 いよいよ、本番の布で、2人分裁っていきます。まだ、しっかり縫うわけにはいかないので、おおざっぱに縫い合わせて、着てみました。見た目の美しさと同時に、動きに対応できることが必要です。美しさのためには、体の線が美しく出るように考えます。動きに対応できるためには、ひざを曲げて座り込んでも、おしりの部分が破れたりしないようにゆるく作る必要があります。
 着てみた結果、これではとても動きに対応できない…ことがわかりました。そこで、股の下にひし形の布を増やしました。でも、履いてみるとまだ足りませんでした。そこで、さらに大きなひし形の布をつけることにして、動きはなんとか確保できました。
 でも、なんだかお腹のあたりがふんわかしていて、美しくありません。そこで、ヒップ回りを減らしたり、ダーツを入れたりして、やっとなんとかパンツの方ができそうなところまで来ました。
 ただ今、猛作業で、ズボン〈パンツ〉完成に向かっております。
 シャツの方はまだまだ、ズボン〈パンツ〉ができてからになります。
 トモコはここのところ、朝起きるとすぐに布のところに行き、夜眠る直前まで、作業しています。〈代筆:ユクト〉

 ミシンでパンツを縫っているところです。

 こちらは、ロックミシンです。これも、大活躍します。
だいぶ、形になってきました。早く完成させたいなあ。


にほんブログ村 演劇ブログ 大道芸・パフォーマンスへ
にほんブログ村演劇ブログ 大道芸・パフォーマンス
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK