FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

03-07

2011

青梅市小曽木第一保育園での公演

 3月3日は、青梅市の小曽木第一保育園での公演でした。
 ひなまつりの日に、子どもたちに楽しい人形劇をプレゼント…ということで、早くから3月3日の公演をご希望されていました。たしかに、クリスマスやひなまつり、七夕など、行事に合わせて人形劇というのはよくあることです。あかぱんつでも、去年のクリスマスの日の公演は、ご希望いただいたのに、すでに予約が入っていてお断りせざるを得なかったことがあったので、ご希望の月日がある場合は、早目にご予約されるとご安心だと思います。
 さて、当日は少々肌寒い日。園に到着すると、駐車の場所をていねいにご指定いただき、安心して停めることができました。車から会場まで近くて荷物を運ぶのが楽でした。ありがたかったです。
 時間になり、園の子どもたちに加えて、近所の(保育園には来ていない)子どもとお母様、それにお年寄りの方々もいらっしゃって、にぎやかに「ひなまつり」が始まりました。(お年寄りの方々と子どもたちは、時々交流があるようです。芋煮会では、お婆ちゃまたちが、たーくさんの里芋を皮むきしてくださったそうで、子どもたちも、「(芋煮会のときは)ありがとうございました」と、お礼を言っていました。)
 ひな祭りの歌は、4番まであるんですね。私は久しぶりに歌いましたが、4番はほとんど思い出せませんでした。私が完全におぼえていたのは、2番までで、3番は半分しかおぼえていませんでした。
 その「うれしいひなまつり」の歌をみんなで歌って「ひなまつり」の始まり始まりです。

 「あかぱんつさーん!」と、子どもたちが呼んでくれて、人形劇が始まり、あかぱんつの人形劇をたっぷり楽しんでいただくことができました。登場したお人形に応援やらずっこけやら、子どもたちの歓声が保育室に響きました。

 終わったあとは、給食をごちそうになりました。それがとってもおいしかったのです!
 また、記念品もいただきました。
 下のようなティッシュボックスです。子どもたちが作ったものだそうです。ポケットティッシュ1袋分が入るようです。
 ひなまつりカードもついていました。それがまたとっても可愛いのです。
tissuebox&card


 ティッシュボックスの中は、こんなふうになっています。紙パックが折りたたんで入っているのは、ティッシュを持ち上げて、次から次に取り出しやすいようにばねの役目をしているのでしょう。うまく考えたものだなぁ…と感心しました。ばねの役目の紙パックには、絵が描いてあります。これも楽しいです。
tissuebox_inside.jpg


 小曽木第一保育園の皆様、素敵な記念品をありがとうございました!
(小曽木第一保育園だけでなく、他の園でも、いろいろと親切にしていただいています。ありがとうございます。伺った園を全部は紹介していませんが、おゆるしください。)


にほんブログ村 演劇ブログ 人形劇へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する