FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

05-04

2011

おじさん人形の衣装を作る

 あかぱんつには人間のおじさんが登場します。その人間のおじさんに代わって、おじさんに似せた人形でできたおじさんも、このたびの演目には登場いたします。
さてその「おじさん人形」ですが、まさか裸では登場させられませんでしょうから、衣装を着せなくてはなりません。で、その衣装がようやくできあがりました。
こちらであります。
あかぱんつ:おじさん人形衣装と下着姿
シャツとパンツです。おじさんが着ている夏用の衣装と同じ材質、同じデザインにしました。

さてさっそく着せてみよう、と思ったそのとき、うっかりしてシャツに人形の首が入らないことに気がついたのです。
つまり、セーター風にかぶって着る仕様にしてしまっていたので、人形のデカイ頭がはいらんのです。しまったあ!!
だってですねえ、人間の方の衣装はそういう作りになっていたんですもん。人間の頭って小さいんだなあ。人形の頭ってなんてデカイんだろう。
しかたがないから、一工夫。
おじさん人形衣装の背中ボタン
背中側に「涙あき」という洋裁の手法をまねて切り込みを入れました。これなら頭が入ります。さらに、スナップもつけて着せ替えできるようにもしました。ふ~、やれやれ、これでセーフでしょうか。

ではいよいよ下着を着たおじさん人形に着せてみましょう。
おじさん人形衣装の上着
「やーん、見ないで~」みたいなポーズになってしまいました。

つづいて、パンツもはいていただきましょう。
あかぱんつ:おじさん人形衣装の正面

くるっと後ろむきになっていただきます。
あかぱんつ:おじさん人形衣装の背面
やれやれ、まあなんとかおさまったかなあと思います。

こんなふうにして作った衣装は、じつは、ほかに3着ほどありまして。
おじさん人形衣装全4着
こうして並べてみると、さながら、着せ替えが楽しい、バービーちゃん人形みたいな様相であります。

でもでも、じつは縫い物は大の苦手。お人形さんごっこの衣装を作るのも苦手。飾り物の人形にはちっとも興味がもてないのです。人形でお芝居をしたくて、じゃあ縫い物なんて面倒だけどやってみるか、と重い腰を上げ、裁縫箱を引き寄せてようやく作り始めるのでした。

そうそう、今回の人形にはこんなストラップもついています。
おじさん人形についてるス水分子トラップ

水の分子模型、あかぱんつを帽子につけました。人形が動くとストラップも動きます。分子運動風になるかしらなんてね。
なお、このストラップの入手先は、仮説社という出版社です。1個315円でした。

人形用にも夏の衣装ができて一安心。この衣装で舞台に登場します。
夏は暑いので、この素通しになっているシャツが涼しくてとても助かります。ところが、ここ数日この衣装を着て私たちが稽古していましたら、問題発生!
汗でぐちょぐちょ。下着の黒いTシャツに塩の輪染みができてしまうのです。ああ、お洗濯しなくっちゃあ。
人形はいいなあ、汗かかないから洗濯しなくていいんだもん。
いいえ~、人形も汗をかくんですよ。人形を使っている「手」は人間なので、人形の内側にも汗が…。
ひええええ~、人形って洗えないんですよねえ。どうしましょ。(記:あかぱんつのおばさん=知子)

にほんブログ村 演劇ブログ 人形劇へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する