FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

09-15

2011

2012年度の演目作成中

暑い夏。ただいま、気持ちも熱く新作作りが進行中であります。
来年度用にいくつかの作品を検討しております。
そのうちの一つ「いばり狐とちびっこ狸」(仮題)の人形製作が進行中でありまして、デザイン画ができました。
こんな感じの人形になる予定です。

全部で4体の人形が登場します。左からお侍、ちびっこ狸、いばり狐、そしてなにやら怪しげなしっぽつきの女の子。この4体の人形から、いったい何が始まるんでしょうか。


人形を粘土で立体に形作ってみますと、このような案配になりました。

全員勢揃いです。彫塑台が今まで3台しかなかったので、このたびもう1台を追加で作りました。これでようやっと4体分がならべられました。全身じゃなくて、かしらだけが並ぶとちょっと不気味かもしれませんね。

粘土で作るときは、デッサンした絵を手元に置いてながめながら作ります。

正面の顔を描いたら、さらにどんなに小さいスケッチでもいいから必ず横顔とボディーも描いておくと、あとで全身を作っていくときの参考になります。この方法はプーク人形劇アカデミーの生徒だった頃、美術の星野毅さんに教えていただきました。これがとっても役にたっています。
この狐の人形は口がぱくぱくと動く構造の人形になるので、首のところを太くしておく必要があります。そうしないと、下から手を入れたとき、手が入らなくなるんですねー。要注意項目なんであります。(過去に忘れた苦い経験あり。)

こちらはちびっこ狸。

片手使い人形になります。人差し指を頭に入れて使う人形です。ちょいとおとぼけな性格にしたつもりなんですが、どうかなあ。ドキドキ。

こちらは、女の子。

目つきが、耳が、しっぽらしきものが、どうも怪しい風情になるといいなあと思って作りました。こちらも片手人形。目玉は瞳部分をボタンにして、艶をだすようにしたいと思ってます。

最後に、やはり片手人形のお侍。

いかつい顔。でも実直そうでもある人物。剣の腕前も確からしい。そんなイメージで作りました。手には鉄扇を持たせています。叩くと「パン!」と勢いのいい音がするように工夫してみています。ヨーロッパの人形劇「パンチとジュディ」のパンチが手にしている「こん棒」のような役目をはたしてくれたら楽しいかなあと思いまして。

さてさて、いったい、どんなお話になりますやら。

このあとは、人形材料土台になる、ウレタンフォームと発砲スチロールを調達してカッティングにはいります。このウレタンフォームですが、15㎝四方くらいの角柱がなかなか手に入らないのが難点でして。渋谷の東急ハンズに薄いのならあるとか。
でも、ひょっとしたら、座布団の中身に使われるウレタンフォームが代用になるかもしれない、お安いし。と思ったりしております。

脚本は藤森行人が担当しています。一番目の原稿はできておりますが、稽古するにつれ、まだまだ変更があるかも、です。
まあ、できましたら、人形の変更はないようにお願いたいです。作り直しは大変なもんですから。




にほんブログ村 演劇ブログ 人形劇へ
にほんブログ村
関連記事