FC2ブログ

あかぱんつ

「あかぱんつ」は、子どもたちの笑顔を開く、<専門人形劇デュオ>です。

03-06

2016

新年度作品のワニを作製:ワニ皮をはる

ワニの人形作りは、一気に作業が進んでます。
ワニ色に染めたパイル地という伸縮する布を、人形の本体に添わせて縫いつけてるところ。(撮影:2/22)
ワニ色の布を装着 真上から
作業のとちゅう、土台の人形のふくらみが不足しているところが、な~んか気になりました。おでこのてっぺんとか、ほっぺとか、お腹とか、のっぺりしてツチノコみたいでしたからねえ。そこで、足りないところには綿をのせて補いながら始末することにしました。

横からみると。ほっぺがふっくりしてるんですが、飴でもなめてるみたいかなあ。
ワニ色の布を装着 横から

ひっくり返してお腹側。クリーム色の布地がはみ出してます。ここは、人形を操作する手がはいるところ。うっかり縫いつけてしまちゃいけませんぞ。
ワニ色の布を装着 腹側から

お顔もだいぶできてきました。
口の中にオレンジ色の布をはる
鼻の穴は奥が深いんです。指をつっこむと第一関節までスポッとおさまっちゃう。これ、何度もやってしまうんだよなあ。本物のワニにはとうていできそうもないもんで。

口は、ガバッとあけると直角ぐらいまで開きます。
口の中に待ち針で止めて感じをみる
オレンジの布地はどれくらい見えるといいかなあとか、くちびる部分の生地のシワも消していかなきゃあと気にしつつ待ち針をうつのですが、たくさんうち過ぎると、縫うときに糸がからまってからまって、もう、いやん!

このオレンジの布地ですが、当初はフェルト地を予定してました。けれど、キリッと冴えた発色のが見つからず、手持ちの布からこのビロード地をみつけてあてがってみたのです。
うーん、色はこんなもんでいいが、材質がなあ。ビロードは、見る角度によって白く飛んでしまうことがあるので、できればフェルトがよかったんだけど。

ま、もしもどこかで手に入れることができたら、そのときに取り替えればいいやね。そのために、ぜんぶ糸で縫って止め付け、いざとなったらはずせるようにしておこう。もし接着剤で止めちゃったら再生できないので、しこしこ地道に縫い物するんであります。んー、もう、縫い物苦手ですっ。



にほんブログ村 演劇ブログ 人形劇へ
にほんブログ村
関連記事

COMMENT

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する